尼崎市 武庫之荘の審美とインプラントなら南林歯科クリニック

口臭

 口臭が気になりませんか?

口臭が気になりませんか? 自分の息が臭うのかは本人にはわかりにくく、とても気になりますね。口臭の原因って何なんでしょう。予防や対策はどうしたらよいのか説明します。

口臭の原因の9割以上は口腔内にあるといわれます。口というのは物を食べたり飲んだりする器官です。食べ物を口の中にいれ噛み砕いて飲み込みます。きれいに全て飲み込んでしまえばよいのですが、口の中の隙間に食べ物のカスが残ってしまいます。この食べ物のカスを栄養源に歯の表面で増殖した菌が歯垢となります。カスは口の中の細菌の力によって腐敗発酵し口臭の原因を育てていきます。
口臭の原因となるのは、揮発性硫黄化合物というものが主な成分です。揮発性硫黄化合物には、メチルメルカプタン、硫黄水素、ジメチルサルファイドなどがあります。

口臭の原因

口の中の口臭の原因は三つの大きな原因があるといわれます。その三つの原因を見ていきましょう。

1)生理的口臭:生理的な口臭といわれ誰もがそれぞれ持っている臭いのことです。

人間は完全に無臭ではありません。生理的な口臭は普通の状態ならば周囲も気にならないでしょうし、本人も気づかないものです。しかし、口の中のケアを怠り不潔にしていたり、朝起きた直後や、食後うがいなどをせずに3時間くらいたった時や、緊張などで口が渇いた状態になったときには、臭いが強くなり口臭となります。口の中を清潔にすることや、食後にはうがいや歯磨きで食べ物のカスを口の中に残さないようにしたり、ガムを噛んで唾液を出すようにするなどすることで生理的な口臭は抑えられます。

2)病気が口臭の原因:ふたつめの口臭の原因は病気です。

病気は口の中の病気と、その他の病気に分けることができます。しかし、口臭の原因となる病気では口の中の病気が多いでしょう。歯槽膿漏が代表的ですね。異常があるときには早めには病院を訪れ治療してもらいましょう。

3)食べ物が口臭の原因:みっつめの原因は食べ物などが原因でおこる口臭です。

口臭の原因となる食べ物というとニンニクやニラなどが代表でしょう。ニンニクやニラなどによる口臭は歯磨きでは消えないこともあります。体内に取り込まれた食物の成分が血液によって運ばれ肺を経由して呼気にまじるからだそうです。時間と共に消えるのを待ちましょう。また、タバコやアルコールも口臭の原因となります。

口臭のチェック方法

口臭が自分にあるかどうかというのは非常に気になります。自分の臭いというものは自分自身では気がつきにくいものです。自分に口臭があるかどうかは日ごろからチェックをしておきたいものです。
口臭をチェックする最も良い方法は、家族などに確かめてもらうのが良いのですが、いくら家族であってもできないという人も多いのではないでしょうか。自分で口臭をチェックする方法はないのでしょうか。
口臭は起床時や食前食後あるいは口が渇いているときと口腔内の状態によって違ってきますので、そのときどきでチェックをしてみるとよいと思います。
自分自身で口臭をチェックする方法にはいくつかありますが、まず一つ目は、空のコップに息を吹き込んでみることです。息を吹き込んだならばコップの中の息が逃げないように手で蓋をします。一呼吸をいてからその中のコップの臭いを嗅いでみるというものです。これはコップさえあれば簡単にできますね。生理的口臭はこの方法で判断できます。
二つ目の方法は、舌苔の臭いを嗅いでみる方法です。舌の表面に白から黄色い色の汚れのようなものがついていると思います。これを舌苔(ぜったい)といいます。この舌苔は口臭の原因となります。舌苔をティッシュなどでふき取り臭いを嗅いでみるのです。臭いがあるならば周囲の人もあなたの口臭を感じている可能瀬があります。
口臭をチェックするための器具も売られています。この口臭チェッカーでは口臭の成分メチルメルカプタンという成分が呼気の中にどの程度含まれているかで口臭を判定します。周囲の人の意見や自分の鼻が今ひとつ信用できないという方は利用してみてはいかがでしょうか。判定器は周囲の空気にも反応しますので使用方法をよく読んで利用するようにしましょう。

舌苔が多量に付着している

舌クリーニング後

口臭というのはどういうものか?

口臭というのは口から匂う臭いのことです。会話をしている時や吐き出される息を他人が嗅いだ時に不快に感じる臭いを発していると口臭といいます。
周囲の人に不快な思いをさせる口臭の原因は9割以上が口腔内にあるといわれます。口臭の臭いは原因となるものによって違います。口臭がどのような臭いがするかというと、卵が腐ったような臭いであったり、魚が腐ったような臭いであったり、生ゴミのような臭いであったりします。
実は口臭がまったくないという人はいないのです。赤ちゃんや子供であっても口臭はあるのです。
なぜならば、「生理的口臭」というものがあるからです。朝起きた直後や空腹の時や緊張した時には口臭が発生します。これはどんな人にもある口臭です。
また、食べ物によっておこる口臭もありますね。ニンニクやニラなどを食べたときの口臭がこれに当たります。これは時間がたつと消えてしまうので気にすることはないでしょう。
口腔内に原因のある口臭がある場合には、口腔内のこまめなケアを行うことで口臭を防ぐことが大切でしょう。口腔内には約200種類もの細菌があるといわれます。口腔内は体の中でもっとも新陳代謝の活発な場所であり死滅した粘膜組織が増えるとたんぱく質が分解され臭いの元となることがあるのです。この量が多くなると口臭も強くなる可能性があるのです。
唾液はこの口腔内の清潔を保ってくれます。しかし、その唾液も口腔内をケアせずに歯周病や虫歯のある状態では口臭を防ぎきれるものではありません。ケアを怠れば口臭が発生することになるということになります。

他覚的に口臭が認められる患者の80%以上は、口腔内に原因で、そのほとんどは歯槽膿漏などの歯周病や齲歯、食事の食べかす、歯垢、歯石、舌苔による口腔内の汚染、不潔な義歯による口腔内自浄作用の低下とされています。これらの感染は歯牙、歯周組織に生じた炎症性の反応の結果、血球成分、上皮細胞、などの含硫アミノ酸に脱アミノ反応がおこり揮発性硫化物である硫化水素やメチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの臭気物質が発生すると考えられています。

治療は齲歯や歯周病の治療、口腔内の十分な清掃をすることです。プラークコントロール(歯垢)ができていないと口腔内細菌により分解されてできた(揮発性硫化物質等)が発生し、口臭となります。

お気軽にお電話ください。

診療時間:9:00~13:00  16:00~20:00
■ 休診日:木曜・土曜の午後、日曜・祝日
※木曜・土曜の診療は9:00~1:30になります。
■ 待ち時間緩和のため、予約優先制となっております。