尼崎市 武庫之荘の審美とインプラントなら南林歯科クリニック

ファイバー・コア(歯の土台)

コア(歯の土台)

コア(歯の土台)とはむし歯がひどいために歯の神経をとった歯に、冠(かぶせ)を装着するため、失った歯の部分を補強するためのものです。
歯の神経が細菌に感染してしまい神経を取ってしまった場合、残っている歯を守るために人工的な冠を装着することが必要になります。
神経を取ってしまった歯はもろく、破折しやすい為歯の補強と冠がすぐに取れないようにする為にも神経のあった部分に土台を入れなくてはなりません。

materia01

コアの種類

p_09

コアには金属を使用したメタル・コアと主にレジン等(金属以外のもの)を使用したものが一般的です。
むし歯がひどく歯の崩壊が著しい場合は、コアと歯とが脱離しないように、歯の神経があった所に心棒を入れて取れないようにします。これをポストといい、保健ではポストに金属を使用し、ポスト・コアといいます。

金属ポストの欠点は、歯根のしなり具合よりも金属の方が固いため、根の先で応力が集中し、年月を経て根が割れてしまうことがあります。また、土台の金属が溶出して、歯肉が入れ墨のように黒ずんできたり、金属アレルギーの原因になることもあります。
金属コアの欠点を改善するために、開発されたのがファイバー・コアです。
ファイバー・コアとは太さ約10μmのグラスファイバーを束ねその間に高強度のマトリックスレジンを含浸・重合させた、支台築造用ポストを心棒に利用した、レジン・コアのことです。
弾性係数は、従来の金属製ポストと比べ象牙質と近似しており、歯のたわみに応じて屈曲しながら応力を分散するため、歯への負担を大幅に軽減し、歯根破折を予防できると思われます。

img_treat07_01
materia02(1)

ファイバー・コアの有用性

1.グラスファイバーの弾性により、歯への負担を大幅に軽減

金属製のコアは硬すぎるために、強い力が歯にかかると、歯の方が負けて、壊れてしまうことがありますが、ファイバー・コアは適度なやわらかさがあり、歯を壊すことがありません。

2.メタルフリーによる高い審美性を実現

天然歯は光を透過しますが、金属製のコアを装着した歯は金属部で光が遮断されます。そのため歯の付け根が暗くなります。しかし、ファイバー・コアを使用した歯は光を透過するため金属を使用しないセラミッククラウンやジルコニアクラウンを併用すると極めて自然な仕上がりになります。

cap04_pict(1)
 3.腐食しないため、金属アレルギーを防げる。

金属は唾液にさらされると経年的に腐食し、金属アレルギーの原因となる可能性があります。しかし、グラスファイバーは腐食しないため歯の変色も起こしません。

4.再根管治療時にポスト撤去が容易

不幸にも再根管治療が必要になった場合、ポスト・コアを除去しなければなりません、
その際、金属とグラスファイバーでは、除去のしやすさが異なります。硬い金属は除去する際にも歯にダメージを与え将来の歯根破折の原因となります。

お気軽にお電話ください。

診療時間:9:00~13:00  16:00~20:00
■ 休診日:木曜・土曜の午後、日曜・祝日
※木曜・土曜の診療は9:00~1:30になります。
■ 待ち時間緩和のため、予約優先制となっております。