尼崎市 武庫之荘の審美とインプラントなら南林歯科クリニック

PMTC(予防)

PMTCとは?

 虫歯歯周病予防には、原因であるプラークを抑制し、悪い影響が出ないように常にコントロールしておくことが大切になります。そのためには患者様自身によるセルフケアが大切です。

しかし、毎日きれいに磨いているつもりでも日常のブラッシングだけでは汚れを完全に落としきることは難しく、バイオフィルムは強固な細菌の結びつきでできているので、ブラッシングでは100%破壊することはできません。 プラークの中の細菌をやっつけるためには、まずバイオフィルムを破壊する必要があります。
 つまり、虫歯や歯周病の治療過程においてバイオフィルムを破壊する作用を持つ専門家(歯科衛生士)の処置がとても重要になってくるわけです。
そのほか、患者様だけではコントロールしきれない部分の補助など、さらにお口の中をより良い環境にするためにも重要な処置です。
歯周病治療を受けてきた方はもちろん、健康な歯と歯肉を維持していきたいと考えている方すべてに必要とされるクリーニングです。

 

「いつもの歯ブラシでは落とせない汚れがあることをご存知ですか?」
むし歯・歯周病の原因は言わずと知れたプラーク(歯垢)です。しかし最近になって、歯の表面に付着し成熟したプラークは、多種多様の細菌が複雑にからみ合った「バイオフィルム」であることがわかってきました。

このバイオフィルムとは「細菌がきわめて安定した集落を作り、しっかりとした安定した状態」を言います。

 

このフィルムは、細菌が分泌する多糖体に守られ、強力に付着するため、歯ブラシではなかなか取り除くことができません。また、他の異物の侵入を拒絶する性質があるため、ぬり薬、うがい薬などの効果もきわめて限定的です

 イメージとしては「お風呂の水アカ」や「排水口のヌメリ」と考えていただければよいでしょうか。そうです、バイオフィルムは水アカのように専用の器具や薬剤を使わなければ、なかなか除去できないのです。

このバイオフィルムをはがしとる手段として、現在最も能率的・効果的な方法と考えられているのがPMTCです。普段のご家庭での歯ブラシのほか、定期的な(3~4ヶ月に1回)このPMTCを行うことが将来のむし歯・歯周病の発症を抑制することができるのです。PMTCを4年間継続して受けると、むし歯の発症率が1/16になるという報告もあります。

当院では、治療を受けられた方、終了された方に対して、定期的なクリーニングをお勧めしています。治療後に健康な歯と歯ぐきを守るため、是非、定期的なクリーニング・PMTCを受けてみてください。

お気軽にお電話ください。

診療時間:9:00~13:00  16:00~20:00
■ 休診日:木曜・土曜の午後、日曜・祝日
※木曜・土曜の診療は9:00~1:30になります。
■ 待ち時間緩和のため、予約優先制となっております。